2010年10月21日

味付け大丈夫?

あなたは濃いめの味の料理が好きですか?

もしこの質問に「イエス」という答えを準備していたあなたは
ダイエットの特に食生活に気をつけるべきです。

なぜ濃いめの味付けはダイエットにとってはよくないのでしょうか?

濃い料理を口にすると、舌にちょっとした刺激を感じませんか?
この舌への刺激を解消しようとして、何かで中和しようとするはずです。

たぶん最も手っ取り早いのはご飯を口に入れることです。

ご飯で先ほどの味をいったんリセットして、
また次の料理を食べるという習慣がありませんか?

しかしこのような食べ方をしていると、どうしてもご飯を
多めに食べてしまいますよね?

ご飯は炭水化物の塊です。
もちろん、炭水化物は我々にとっては必要な栄養源です。
全部カットしろとは言いません。

しかし炭水化物の摂りすぎも
ダイエットにとってはよくありません。

炭水化物をとりすぎると、余分なものは脂肪という形で
貯蔵されてしまうからです。

ですから、炭水化物はあまりとりすぎないようにするのが
ダイエットにとってはベスト。

ということは、ご飯を口に運びやすくする
濃いめの料理はNGというわけです。

よく濃い料理をよく食べると、
塩分が多いから身体にもよくないといいますね?

確かに濃い料理には塩分が高めのものが多いといわれています。

さらにもう一つの落とし穴が。
それは、糖分も多いということです。

濃い料理をイメージしてみましょう。
いわゆる「甘辛い」料理というのが多いような気がしませんか?

甘辛い料理というと、醤油と砂糖がふんだんに使われている
料理のことを言います。

砂糖は、ダイエットをしている人にとっては、
一種の天敵とも言える食材ですね?

この天敵を口に知らず知らずのうちにしてしまっているわけです。

濃い味の好きな人がいきなりうす味の料理を口にすると、
ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。


ここで一つ提案が。
薬味といわれるものを積極的に使ってみましょう。

ショウガやミョウガといった食材を入れると、
料理にアクセントがついて満足する味になるはずです。





リクルートが運営するずっと無料のお得なサービス。
会員登録すると、1週間分のTV情報紙と地域のお得なチラシが
毎週金曜日にご自宅までお届けされます。
入会金・退会費用・送料などは一切頂きません。

posted by 健康くん at 05:32| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。