2010年09月21日

国際的な農産物の需給動向

国際的な農産物の需給動向は、変動が大きいと来きいてますが、どうなんでしょう。
(1) 需要は年々増加していますが、生産(供給)は、年によって変動します。

需要面では、開発途上国を中心とした人口の増加に加え、
畜産物消費の増加に伴う飼料用穀物の需要増などから、消費量は確実に増加してきました。
これに対して、供給面では、全体としては生産が増加していく傾向にありますが、
生産主要国の農業政策の変更やその年の作況による変動が見られ、それに伴って、
価格も乱高下しています。

世界の代表的な貿易品目である小麦、とうもろこし、大豆について、
1960年以降のここ40年ほどの動向をみると生産量・消費量とも
3倍近くの伸びを示していますが、その間、価格はその年の豊凶により、
大幅に乱高下する年がかなりあります。

(2) 特に、最近では在庫率の傾向が続いたものの、
2004/05年度は5年ぶりに生産量が消費量を上回るため需給は緩和されるが、
依然在庫率は低水準です。

これは、アジア、特に中国の需給状況が反映しているようです。





全国に大型書店を中心として、約40店舗を展開。品揃え日本一を目指す、
ジュンク堂書店のネットストアです。
日本最大の池袋本店在庫を中心に、200万冊の在庫から、最短で即日発送が可能となり、
更に日本全国、送料無料!でお届けしています。
クレジット・代引のほか、ジャパンネット銀行、モバイルスイカ等の決済にも対応しています。

posted by 健康くん at 05:43| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。