2010年09月10日

卸売市場 2

2.中央卸売市場の役割

鮮魚や野菜などの数多くの種類がある生鮮食料品を、
東京都のような極めて多数の消費者がいる地域で、
毎日、小売店まで鮮度を保って届けるには、大量の生鮮食料品を迅速に集荷し
かつ分配する機能が不可欠です。

このために成立し、発展してきたのが卸売市場です。
かつて、東京都が産直によって生鮮食料品の価格を安くしようとした試みをしましたが、
急に産地で大量に買い付けすることでかえって値段が急騰したり、
特定の種類の生鮮食料品しか対応できなかったりしました。

中央卸売市場では、毎日全国から、大都市の消費者が必要とする生鮮食料品を集め、
その食料品を原則としてせりにより、仲買業者などが買い付け、
大都市中に分配していく仕組みで、大量かつ多数の種類の生鮮食料品をさばいているのです。
生鮮食料品の分配の仕組みとしては、きわめて合理的な方法とされています。

この役割をさらに細かく見ていきますと、次のようないろいろな役割を担っています。
集荷機能 国の内外から、大量多種類の品物を集めています。

公正な価格の形成 公開の場におけるせり取引及び相対取引により、
公正な価格が形成されています。

分化機能 大量単品目から少量多品目まで、小売店などが買いやすい分量に
迅速かつ確実に区分して売り渡します。

取引の決済機能 販売代金の徴収や出荷者への支払いが迅速かつ確実に行われます。
情報の提供 当日の市場入荷量や卸売の価格などを迅速に公表しています。

衛生の保持 衛生的な施設の衛生状態の保持と食品の安全性のチェックを常時行っています。
一般消費者向けの生鮮食料品のうち、青果・水産物で6〜7割程度が卸売市場を経由しています。




郷土の「米」と「水」を郷土の「人」が醸す『地酒』にこだわる日本地酒専門店!
地酒蔵は、常時50種を超える旬の生酒、本格焼酎、リキュールも含め、
全国の隠れた銘酒の宝庫です!!
品質管理も万全を期しています。
大手百貨店では、その実績が高く評価され、和酒売り場の一角にも
販売コーナーを構えるほどです。
 
ジザケジャパンは、食品としての安全性・信頼性という時代のニーズに応える
本物の『地酒』の世界を目指しています。

posted by 健康くん at 05:48| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。