2010年09月08日

農畜産物の生産から消費まで 3

3.牛乳

生乳の生産―牧場

乳牛の生乳を生産する時期

乳牛は、人と同じように、子牛を産むと生乳が出てきます。

1年のサイクルは、子牛が生まれてから305日間生乳が出ます。
その間に次の子牛を妊娠して、丁度1年後にまた子牛が生まれるようにすれば、
毎年同じサイクルで生乳が生産できます。

次の子牛が生まれるまでの間の60日は、乾乳期といって、
次の生乳生産に備えて、乳牛が体調を整える時期です。


搾乳―生乳をしぼります

乳牛は毎日20キログラム位(乳牛によりかなり差があります)の生乳を生産しますので、
朝晩2回、必ず搾ってあげなければなりません。酪農家の仕事は一日も休めないのです。

最近は、乳牛を沢山飼育している牧場では、牛をつながずに放し飼いして
飼育するフリーストールという放し飼い牛舎で牛が寝起きし、
生乳を搾るときは、ミルキングパーラーという搾乳場に牛が入ってきて、
そこで生乳を搾るところが多くなってきました。

ミルキングパーラーに牛が入ってきますと、乳牛の4つの乳房に管のついている
乳首―乳頭カップを付けると、カップの中の真空圧の調整により、
自動的に搾乳され、バルククーラーという大きな冷却タンクに運ばれ、冷却貯蔵されます。

なお、搾乳が終わるとその牛はミルキングパーラーから出て行き、
順番を待っていた次の牛が入ってきます。


生乳の出荷

バルククーラーに冷却して貯蔵された生乳は、毎日一定の時間に、
酪農組合などのタンクローリーが来て、集乳して行きます。


市乳(販売する生乳)の製造と販売

タンクローリーで集められた生乳は、市乳を作る工場に運ばれます。

そこで、いろいろな検査をしたりして、さらに加熱・殺菌をして冷却し、
容器に充填してスーパーマーケットなどに配送され、販売されるのです。

なお、北海道などでは、生産された生乳の一部は、
バターやチーズなどに加工するため、その製造工場に運ばれていきます。






CMやTV番組にも取り上げられ話題の、宅配買取【brandear】 ご利用者数NO,1
人気の秘訣は、お申込み〜お買取までご自宅でラクラク完了でき、すべて無料お取引!!一般的な高級ブランド〜身近なアパレルブランドまでお買取可能(2400ブランド)の為、幅広い年代の方にご利用頂いております♪



クリックしてね
↓  ↓  ↓
http://www.affiliate.ntt.com/topics/movie/movie_yamaki_genen.html
posted by 健康くん at 18:34| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。