2010年08月23日

JAS規格とJASマーク

JAS規格とJASマーク
1JAS規格とは、「日本農林規格(Japqnese Agricultural Standard)」が正式名称で農林物資について、品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化、使用又は消費の合理化を図るため(法律第1条 目的)、農連水産大臣が定めるものです。


2このJAS規格には、2種類あります。
(1) 一般 JAS規格
製品ごとに品位、成分、性能その他の品質についての基準を定めたもの
飲食料品  53品目−246規格
林産物   21品目−36規格


(2) 特定 JAS規格
特別な生産や製造方法、特色ある原材料などの生産の方法についての基準を定めたもの
有機農産物、地鳥肉など 7品目−11規格



3 JAS規格による「格付(かくづけ)」
(1)農林水産大臣によってJAS規格が定められた品目について、そのJAS規格に適合していると判定することを「格付」といい、格付を受けた製品にはJASマークを付けることができます。

(2)この格付を受けるかどうかは、製造業者等の自由に任されています。また、JASマークのついていない製品の流通、販売は自由(有機農産物類のJASを除く)です。




4 「格付」の方法
(1)JAS規格の格付を受け、JASマークの表示を行うには、次の2つの方法があります。
ア登録格付け機関又は都道府県などの第三者機関(「格付け機関)か゜検査し、製品の格付けを行う方法
イ登録認定機関又は農林水産大臣(「認定機関」)により認定を受けて、製造業者(又は生産工程管理者)が自ら製品や生産工程の検査をし、格付けを行う方法


(2) 登録格付け機関と登録認定機関
ア登録格付け機関及び登録認定機関は、農林大臣の認可を受けてそれぞれの機関となることができます。なお、5年ごとに更新する必要があります。さらに、両機関とも外国の法人がなることもできます。

イ現在、登録格付け機関は、「果実飲料」の格付け機関として「(社)日本果実協会」など21の法人が、
また、登録認定機関は、「ドレッシング、風味調味料及び乾燥スープ」の認定機関として、国内及びアメリカ(ドレッシングのみ)での認定区域とする「(財)日本食品分析センター」など国内19法人、外国10法人が認可されています。

ウさらに、有機農産物関係の認定法人も国内、国外で多数認可されています。



【プラセンタのスノーヴァ】★ロシアプラセンタのサプリメントと化粧品★本商品販売促進プログラムです。




posted by 健康くん at 05:56| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。