2010年08月11日

食品の表示と規格

食品の表示
1.JAS法に基づく食品の表示の仕組み

1JAS法には、JAS規格とJASマークに関する制度と、
食品の品質の表示に関する制度の、二つの大きな制度があります。

最初に、食品の品質の表示に関する制度について、解説します。


2JAS法に品質の表示制度が規定されたのは昭和45年の改正からですが、
その後制度が今日まで何度か強化されてきています。

特に最近では、平成11年7月に、JAS法が改正され、
内容が抜本的に見直されました。


3平成11年の法改正までに品質表示基準が定められていた品目は、
ブロッコリーさといもなど9種類の青果物と、果実飲料、
即席めん類など55種類の食品あわせて64品目でした。


4平成11年の改正法の品質表示制度の主な改正の内容は、次のものです。


(1)個別品目(当時 64品目)の品質表示の義務付けから、
一般消費者向け全ての飲食料品の品質表示が義務付けられました。


そのうち
生鮮食料品の表示事項は、「名称」及び「原産地」
加工食品の表示事項は、「名称」、「原材料名」、「内容量」、
「製造業社名」などを表示しなければならなくなりました。


(2)表示違反に対するペナルティーが強化されました。


表示違反についての農林水産大臣の改善命令に従わなかったときは、
50万円以下の罰金が、罰則として新たに設けられました。


5なお、平成14年には、食品の原産地の偽装などの不正行為が
多発したことから、表示違反に対する罰則が、大幅に強化され、


個人は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
法人は、1億円以下の罰金に引き上げられました。


6農林水産大臣は、飲食料品の品質に関する表示について、
基準を定めなければならないことになっています。(第19条の8)

この規定に基づいて、食料品の種類ごとに、細かく表示基準が
定められています。
(生鮮食品品質表示基準 平成12年3月31日農林水産省告示第514号など)

一般的に適用される品質表示基準は次の3つ

生鮮食品品質表示基準
加工食品品質表示基準

遺伝子組換え食品に関する品質表示基準

個別の生鮮食品の品質表示基準は次の2つ

玄米及び精米品質表示基準

水産物品質表示基準

個別の加工食品についての品質表示基準は
合計58
食料缶詰・食料瓶詰め 3、飲料 4、乳製品 1、食肉製品・魚肉
練り製品 11、穀物加工品 7、農産物・林産物 6、生産物 9
糖類・菓子 1、調味料 8、油脂・油脂加工品 4、その他 4
全部で 63あります。

→各基準の詳細 「食品表示―品質表示基準一覧」
(農林水産省のページ内)へ



なお、JAS法に基づく表示と、食品衛生法に基づく表示の
二つの法律の表示の方法について、農林水産省と厚生労働省の
共同委員会で検討が進めらています。

→詳細 「食品の表示に関する共同会議の開催など」へ




『夢世界 -武林外伝-』は、可愛いキャラクターがいっぱいで、
誰でも簡単に遊べる無料オンラインゲームです。

簡単な操作性とノートPCでも気軽に楽しめるスペック性により、
どなたでもお楽しみいただけます。

■『剣と魔法が行き交う幻想の世界を舞台にした、ファンタジーMMORPG!』
posted by 健康くん at 11:28| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。