2010年06月30日

ロ、包装食品レトルトパック

加工食品の保存の目安と上手な利用法な使い方


ロ、包装食品レトルトパック

 加工食品の普及はレトルトパックは封を切るだけで
本格派の料理が楽しめるとあって、最近需要の多いものです。

ただし、味が一定なのでついつい飽きてしまいがち。

そこでちょっと手を加えてオリジナル料理として
レバートリーに加えてみましょう。

レトルトパウチ食品を略してレトルト食品といいます。

光や空気を通さない特殊素材の袋(パウチ)に
調理した食品を密封し、特殊な釜(レトルト)に入れ、
120〜130度の高温で加熱、加圧殺菌したものです。

温めるだけで食べられる便利なものです。


レトルト食品いろいろ


・調理済み----カレー、シチュー、スープ、さつま汁、
 和風汁、ミートボール、ハンバーグなど。


・包装米飯----赤飯、白飯、五目めし、おこわ、ピラフ、
 お茶漬けごはん、雑炊など。


・ソース類----マーボー豆腐の素をはじめとする
 中国風合わせ調味料、炊き込みごはんの素、
 焼き肉のたれ、卵料理の素。


・水産加工品-----まぐろフレーク油漬、うなぎのかば焼き、
 おでんなど。




かわいい激安下着なら!三軒茶屋インナー通信【三恵】

楽天ランキング42週連続ランクインの
「メガ盛り谷間セクシーブラ」

累計販売数13,000本!

リピ買い続出の大人気商品♪

ゼブラやゴールドなど当店限定色もご用意しております。

posted by 健康くん at 05:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。