2010年06月25日

ニ、果物の種類と鮮度の見分け

■果物の種類と鮮度の見分け

 果物の鮮度の熟度は、香りと風味が魅力です。

 ただしとれたてがおいしいとは限らないので、
 鮮度といっしょに熟度を見極めることも大切なポイントです。


●バナナは、青くてかたかったら未熟。

 黄色が濃く、黒い斑点が出始め甘い香りがしてきたら完熟。
 
 色が黄色いだけではまだ熟しきっていないので、
 2〜3日待ってね。


●オレンジは、色が均一で、色ムラや青みがないものを。

 青みが残っているものは完熟してない、
 表面が茶色く変色していたら、鮮度が低下している。

 また、ヘタは青くて小さいもの、
 全体に小ぶりサイズのほうが味が濃厚。


●キウイは、うぶ毛がついていて、果皮にツヤがあるものがよい。

 買ってすぐより常温で数日さらに熟させると甘味が出ておいしい。

 触ってみて少しやわらかくなったら食べごろ。


●グレープフルーツは、持ってみてどっしりと重みがあって、
 丸くキズがないものを選びましょう。

 皮が茶色く変色しているものは避けたほうが無難。


●桃は、身が白い品種は表皮も白く、赤い品種は赤いものがよい。

 果皮にうぶ毛があれば、甘くておいしい。

 黄色くなったものや、ツルツルしているものは古い。

 色が薄く、軸の周囲が青ければまだ未熟。







環境と共存できる公正な貿易<フェアトレード>を行う会社
「フェアトレードカンパニー」のECサイト「ピープル・ツリー」!!

ピープル・ツリーでは・・・
 レディースファッション
 メンズファッション
 ベビー用品から雑貨まで勢ぞろいです。

大人気のフェアトレードチョコレートも販売開始!!
posted by 健康くん at 05:47| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。