2010年06月10日

「梅はその日の難のがれ」

梅の健康効果


夏の少し前から旬を迎えはじめる「梅」

毎年、6〜7月の中旬あたりまで市場に出回る梅は、
梅干し、梅しょうゆ、梅シロップ、梅肉エキスなど
さまざまな食品へと加工されます。


また、お店ではスナック菓子やアメ、
さらにはお酒などに姿を変えて、私たちの生活の中で、
広く親しまれています。



「梅はその日の難のがれ」という言葉もあるように、
昔からカラダに良いとされてきました。


その理由は、あの酸っぱい味のモトになるクエン酸やリンゴ酸。


食欲を刺激したり、胃の消化を助けたり、
菌の繁殖を防ぐ力があります。


そのうえ、クエン酸は疲労回復の働きもあるので、
疲れたかなと感じる時や、元気をつけたい時にもおすすめです。


梅が私たちの暮らしに根づいているのは、
「美味しいから」だけじゃないんですね。



一言に「梅」といっても、品種はたくさん。


その中でも特に品質が優れているとされているのが
和歌山県原産の『南高梅』です。


梅酒や梅干しに向いているといわれる南光梅は、
果肉が厚くて繊維は少なく、「桃のようだ」とも
表現されることもあるくらいに、深く豊かな香りが特徴です。



インターネットが普及してからは、
農家のホームぺージからも買うことができますよね。


最後に梅をつかって簡単にできる
「梅しょうゆ」のレシピを紹介します。


そうめんのだしや刺身などに使え、食欲そそるおいしさです。


1kgの梅(うす緑色)を洗って水気をふきとったあと、
なり口(黒い部分)を取り除きます。


消毒した容器に梅を入れ、しょうゆ1.5Lを注いでください。


ガーゼをかぶせて梅の表面がしょうゆに浸るようにして、
冷暗所に1ヶ月ほど置けばできあがり。


梅も切ってサラダなどに利用できますよ。
ぜひご家庭でお試しください。




OCN 高速モバイル EMは、下り最大7.2Mbpsで
モバイルインターネットが快適!
ただ今入会いただくと、データカードが割引など
おトクなキャンペーン実施中。
パートナーご自身のお申し込みも大歓迎!
posted by 健康くん at 20:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。