2010年06月04日

鰤−私の子供はだあれ

●鰤−私の子供はだあれ


「寒ぶり」といって、冬の荒波でとれた天然ぶりは、
産卵にそなえ脂がのりきってすこぶる美味。


ブリは出世魚といわれ、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、
関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリなどと名前を変えます。

養殖もさかんで、1kg位で出荷され、ハマチと呼ばれることが
多いです。

たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミン類がたっぷりで、
栄養価の高い魚。この脂質は、EPA・DHAの宝庫で、
血中コレステロールを下げる・脳細胞を活性化する
・血栓の発生を抑えるなどの効果があります。


ただし、これは、新鮮な魚に限ってのこと。
鮮度がおちるとEPAやDHAは酸化し、
過酸化脂質として動脈硬化を促す有害物質になってしまうのです。

でも、ブリには酸化を防ぐ効果のあるビタミンEを
含んでいるので少し安心。


調理法は、脂肪を外に逃がさないように。刺身や寿司だね・照り焼き・煮物などがおすすめです。

あら・かま・血合いも鉄分やビタミン類を多く含むので、

ブリ大根・カマの塩焼きなどにして食べたい部分です。

ただし、からだに良いからといって、毎日大量に食べ過ぎると、

脂肪分が多いのでエネルギーが高くなるのも事実。ご注意くださいね。




今すぐクリック
↓  ↓  ↓

http://www.kyu-sapo.biz/bz/1417324/dailybiow.html
posted by 健康くん at 12:49| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。