2010年06月02日

朝食を大切に

●アレも食べたいこれも食べたい

バイキング方式の食事を経験されたことのある方は、
少なからずおられるでしょう。


ホテルの朝食でのバイキング・奥様方に人気のランチバイキング・
家族そろっての夕食のバイキング。

それぞれ性格が違うように思いますが、好みのものを欲しいだけ
食べられる形式だけは同じですね。


バイキング方式の給食をしている保育園や学校があると
聞きますが、みんなが自分の頭で考え、自分のおなかと
相談して食べることができているのでしょうか?


食べ残しはどうなのでしょうか?
教育現場では、先生方の声がけとともに、
子供たちは考えて食べることを自然に学んでいくことでしょう。


外食の際はどうでしょうか。あれもこれもと注文する、バイキング方式でお皿いっぱいにとってくる。そして、それを残すことに抵抗がないのは問題です。

鍋物・焼肉・手巻き寿司などは、
家庭でのバイキングかもしれません。

肉・魚介類だけでなく野菜・キノコ類などを多くして、
栄養のバランスをとるようにしたいものです。


親は、自分の子供の食べることの出来る量を管理し、
きちんと教えしつけていくことが重要ですね。


ところで、日本は、今や食料自給率40%というのに、
家庭の台所ゴミには、調理くずや食べ残し、
さらには、賞味期限切れの未開封の食品が多く含まれているという
現実があるのです。

外食産業の食料廃棄量も増えているのも困ったことですね。食べ物は、命を支える自然の恵み・大切な資源であることを見直し、環境にやさしい食生活をしていきましょう。



今すぐクリック
↓  ↓  ↓

http://www.kyu-sapo.biz/bz/1417324/dailybiow.html
posted by 健康くん at 19:17| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。